テーマ:こちら玉縄台自治会防災部

災害発生時の「ポリ袋レシピ」

 平成26年夏の「玉縄台子ども祭り」は鎌倉市玉縄台自治会の 主催。この日、防災部は昨年に続いて「非常用炊出し」で参加し ました。参加スタッフ約150名の昼食としてポリ袋で炊飯し、お 神輿を担ぐ子どもたちと、模擬店などでお手伝いの皆さんにお配 りします。 【準備作業】      前日までに、ポリ袋へお米を入れ、当日…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

(第一回)鎌倉市玉縄地域自治会町内会活動発表会

 12月1日(日)午後1時30分から2時間、鎌倉社会福祉協議会地域福祉支援室の主催による「玉縄地域自治会町内会活動発表会」が開催されました。会場は「玉縄すこやかセンタ」。このセンタは地域の福祉センタ(緊急時の、支援を必要とする方々の避難 場所として位置付けられています)。この地域は鎌倉市の西部に位置し、横浜市栄区、戸塚区、そして藤沢市に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害時の飲料用・炊飯用水の確保

 防災部としての活動を開始してから、それなりにあちこちと調べまわったり聞き回ったりしています。  日頃の布団の中で考えるのとは異なり、歩き回るとそれなりの成果。私たちの自治会の避難所となる小学校の周辺をウロつき、先日は地域の運動会がありましたので応援も程ほどに、校内を大威張りでまわって見ました。その成果がこの写真。  これは校庭…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「防災の日」自治会避難訓練

9月1日防災の日、避難訓練を実施しました。  この日、朝10時にハンドマイクで「地震が発生しました。一時避難所へ集合して下さい」と呼びかけ、それに応えて組ごとに、地域内四か所に設定された公園へ集まります。その後、防災部傘下のTTQ(玉縄台特別救助隊)が引率して、危険個所を迂回しながら避難所である関谷小学校へ。大船消防署の皆さんが付き添…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こちたまカフェ」新規開店

 7月末に開催された「玉縄台夏祭り」。どこから湧いて出たものやら、多数の子どもたち。自治会内に100名の小学生がいるとは聞いていたのだが、目のあたりにするととても壮観。お手伝いしている横浜市の学童の出勤回数が激増、へろへろになって子どもを見るとげっぷがでそうになるが、しかし、元気がでる。  玉縄台自治会防災部企画第二弾、「こちら玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちら玉縄台自治会防災部!略して「こちたま」

 この4月、私は地元自治会防災部の責任者をお引き受けした。ボーイスカウトだけで手一杯で、これ以上はと思ったのだが、雲仙普賢岳噴火に際しての島原行きを手始めに開始した災害ボランティア活動で得た知識や経験を、地元で生かしたいと思ったから。ただ、軸足はボーイスカウト運動に置き続ける。  年度初めに、「自助・近所・共助 ~そなえよ、つねに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more