新潟中越沖地震 -比角避難所ボランティア募集中-

新潟連盟の近藤修さん(確か長岡の指導者。先の新潟中越地震時、中心的存在として頑張った方)より以下のコメントがありました。 2007/8/3 18:40  中越沖地震の柏崎市比角小避難所の奉仕者を緊急募集いたします。 現在、奉仕者が不足しております。月曜日以降、行政ボラも撤退予定で避難所受付要員のほか自衛隊の炊出しの配膳要員が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟中越沖地震-柏崎市立比角(ひすみ)小避難所2-

 ボーイスカウト関係者が維持する比角避難所の鈴木さんから経過の連絡を頂きました。その一部をご紹介します。適宜、編集しています。  また、日本連盟が「要請を受けて新潟連盟がこの避難所の運営をお引き受けした」との文書が発行されています。ちょっと不満なのは、お手伝いに参加するスカウトをローバーや指導者に限定していること。余震の続く地域で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟中越沖地震-柏崎市立比角(ひすみ)小避難所-

 昨日、横浜第96団の鈴木ローバー隊長が比角小学校に設けられた避難所へお手伝いとして入りました。ここはボーイスカウトが管理・運営をお引き受けしている避難所です。50人程の避難の方のほか、食事時には200人以上の方がいらっしゃるそうです。先に現地入りしている大和第6団の皆さんは、週末に計画されている「こどもワクワク隊」までの間、この避難所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟中越沖地震-子ども達を対象とした企画第一弾-

7月28日から8月5日にかけて、新潟と神奈川の各団が中越沖地震被災地で子ども達を対象とした企画を準備しています。 その企画内容をご紹介しますが、最終確定ではなく、状況により多少の内容変更もありそうとのこと。新潟15の牧島さんが柏崎市内を走り回り、それを受けての大和5稲葉さんの企画です。みなさんの応援を! レクリエーション提供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟中越沖地震-救援ボランティアの服装-

ボーイスカウトという看板を背負っていると、ブログでの過激な表現はどうしても避ける事になります。  中越沖地震をキーワードに検索していましたら、力一杯、本音で語るブログを見つけました。開設の方の写真もあり、見るからに"頑固親父"(失礼)。お顔で判断なんて出来るはずはありませんが、歯に衣着せず、思ったままをはっきり仰るタイプかと。遠ま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新潟中越沖地震-災害救援ボランティア-

直後に政府の偉い人が次々と現地入りし、そのために警備にあたる関係者に大きな負担をかけているように見えます。選挙対策が丸見えと書いては行き過ぎかな。  それはともかく、すでに新潟ではボーイスカウト関係者の活動が開始されています。日本連盟からは、以下のような文書が地区に届きました。対応がとても早く、素直に評価したいと思います。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新潟中越沖地震-柏崎原発-

「BPnet m a i l 朝刊」なるメルマガがあります。日経BP社が配信していますが、そこに「細野透:柏崎原発の被災を許した大ポカ答弁書」と題した記事urlが掲載されました。 http://www.nikkeibp.co.jp/news/const07q3/539750/ その"さわり"を以下に。 柏崎原発に被害は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新潟県中越沖地震

 朝、パソコンに向かってあれこれしていると、静かに身体が揺れます。多分、"持病"の目まいだろうと作業を続けていましたが、どうも様子がおかしい。天井から吊った蛍光灯を見上げるとかなり揺れている。地震と気づきました。静かに揺れ、ガタガタという音は聞こえません。それほどに静かでした。  その直後、津波注意報が出され、少ししてから地震情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士スカウトクラブの集い <Ever Onwardの集い>

Ever Onward …… 最善をつくせ、限りなき前進、で、目標・理念の峰を目指し自己研鑽(self-scouting)するの意  過日、富士スカウトクラブの村山さんと幸田さんにお会いしました。  その席で、 <Ever Onwardの集い>が開催される事を知りました。その概要は以下の通りです。実はこの春、内幸町プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成19年度若獅子会総会、早慶戦コンパ

 6月2日(土)、早稲田大学学生会館において平成19年度若獅子会(早稲田ローバース出身者OB会)総会が開催されました。出席は15名と少なめでしたが、来年3月15に予定される創立50周年記念行事についての検討がなされ、野村茂樹実行委員長のもと、記念誌発行・記念式典開催などが決定しました。  さらに、従来は若獅子会が新宿第2団育成会を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第49回鎌倉まつり

 4月8日、鎌倉まつりのパレードが開催されました。  この日朝、市内各団(2・3・5・7・8団)のスカウトやリーダ130名が海に近い第一小学校校庭に集まり、パレードへの参加準備開始!私たちの役割は、プラカード持ち、榊奉持、太鼓、そして隊旗や神奈川連盟やまゆり旗、湘南地区ノボリの行進など。パレード最終地点である鶴岡八幡宮境内の整理な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十日町雪まつりスノーランタン坂

昨年暮から更新をサボっていました。 書きたいことは山ほどもあったのですが、気ぜわしい毎日で果たせませんでした。 さて、あと数時間で新潟・十日町市へ出発です。横浜第124団、大和第6団、それに鎌倉第8団、さらにさらに、シンクタンクに勤務するローバースの後輩君があつめてくれたメンバをあわせ、35名がそろいました。 十日町市へ向…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成19年スノーランタン坂

 先日、十日町第1団の田村さんから「来年も実施」とのお知らせを頂戴しました。同時期、「来年も行きますか?」と、横浜第124団カブ隊からもお問合せ。単独ではバスをチャーターできませんから、あちこちに「スキーへ行きませんか?」とお誘いし、"呉越同舟"して下さった隊です。  団内ではカブ隊が雪まつりへ参加の予定で、他隊もスキーツアーとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14NJのTV放映

首都圏で、ようやく14NJの模様が放映されるようです。 テレビ東京で、以下の番組が。早起きして、どうぞ。 「僕ら地球家族 20000人の能登ジャンボリー」 2006年12月30日(土) 朝6:00~6:55 2007年で100周年を迎える、歴史ある“ボーイスカウト”。 今夏、4年に一度行われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(13) 東京連盟葬での石坂泰三日本連盟総裁の弔辞

ボーイスカウトの機関誌『スカウティング』昭和四十四年(一九六九年)二月号に「村山有氏をしのんで」の特集があり、そこに昭和四十四年(一九六九年)一月十二日に挙行された東京連盟葬での石坂泰三日本連盟総裁の弔辞(友人代表)が掲載されていますので、そのまま再録する。  「ボーイスカウト日本連盟常任理事、広報委員長、第十三回世界ジャンボ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(12) 『三島総長と二十年』(村山有著)より抜粋

『三島総長と二十年』(村山有著)より抜粋  昭和四十年四月二十日・・・生涯忘れられない日であった此の日の朝久留島秀三郎先生(ボーイスカウト日本連盟理事長、東京連盟長)と三島通陽総長が危篤状態を脱した事は全く奇跡であるとお互いに悦んだ。然し運命は残酷であった最早此の時、三島通陽総長は脳溢血を併発して最早絶望に陥っていた。神宮通りの伊…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(11) 一〇、ボーイスカウト東京連盟葬(築地本願寺)

一〇、ボーイスカウト東京連盟葬(築地本願寺)  村山有は、昭和四十三年(一九六八年)十二月三十一日、六十三歳で死去。昭和二十七年(一九五二年)六月、日本連盟相談役になってからは永年スカウト運動の第一線から離れていたが、翌年、第十三回世界ジャンボリーを日本に誘致する世界会議に世界各国のスカウト仲間から呼ばれ、出席のため渡航中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(10) 九、仏教章、日本富士スカウトクラブ・FSCJ ( FUJI SCO

九、仏教章、日本富士スカウトクラブ・FSCJ ( FUJI SCOUTS CLUB of JAPAN )  外国のジャンボリーなどのスカウト行事には必ず野外礼拝があり、各宗教の記章がある。昭和三十五年(一九六〇年)五月、松山市で開催されたボーイスカウト全国会議で、村山有は「ちかい」の中に、「神(仏)と国とに誠を尽く…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(9) 八、日本スカウト切手協会、「スカウト切手の研究」(『スカウティング』掲

八、日本スカウト切手協会、「スカウト切手の研究」(『スカウティング』掲載)  村山有は、戦後、中央郵便局の白石局長時代に、外国にある「切手普及部」のようなものを新設すべきと提案し、中央郵便局にようやく「切手普及部」ができた。また、切手愛好家を集め東京切手会を創立し初代会長になった。 昭和二十四年(一九四九年)にはボーイスカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(8) 七、『ベーデン・ポーエル伝 』 ~ 『 THE TWO LI

七、『ベーデン・ポーエル伝 』 ~ 『 THE TWO LIVES OF A HERO 』、BP一家との交流   昭和二十四年(一九四九年)からべーデン・ポーエル(BP)夫人オレーブさんと手紙をやり取りしたり、渡英時には訪問したりして交流があった。また、息子のピーター氏とも交流していた。ピーター氏が英国国…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(7) 六、ボーイスカウト東京七〇隊、ゴールデン・アロー、早稲田ローバース

六、ボーイスカウト東京七〇隊、ゴールデン・アロー、早稲田ローバース  東京七〇隊は、村山有を育成会代表として結成された。隊のネッカチーフの色は【赤】に決め「菊水のマーク」を入れた。 少年隊の班には、菊水班、山桜班、鳳凰班、白龍班という特徴のある班名がついた。隊長は海洋少年団出身の飯盛勲氏が就任した。初期の海外派遣団の班名も…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(6) 五、日本大学ボーイスカウト公認指導者講座

五、日本大学ボーイスカウト公認指導者講座  戦後、ボーイスカウト再建には指導者の養成が不可欠であるとして、三島通陽総長、内田二郎氏、村山有等でスカウトクラブを始めた。 GHQの関東民政部教育官M・B・スティング氏より、米国の大学ではボーイスカウト科目があるので、日本も将来これ相応のものを行うべきで、まずどこかの大学にスカウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(5) 四、無名スカウト戦士(ウエーク島)、姉妹都市提携(People-to-

四、無名スカウト戦士(ウエーク島)、姉妹都市提携(People-to-PeopleProgram)  昭和二十六年(一九五一年)のソルトレーク市の「BS桜樹募金」の時、その募金の相手が戦時中、自分が捕虜になった時に世話になった村山有氏と知った同市在住のM・L・ストリーター氏(Mark L.Streeter)は息子と一緒にグ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(4) 、ボーイスカウト東京都連盟初代理事長、隊旗授与式、国際親善(桜樹贈呈式

三、ボーイスカウト東京都連盟初代理事長、隊旗授与式、国際親善(桜樹贈呈式)、百隊結成記念祝典  昭和二十二年(一九四七年)五月一日、ボーイスカウト東京都連盟は、日本連盟再建の為の臨時中央理事会発足と同じ日に、仮東京都連盟としてスタートした。  昭和二十四年(一九四九年)四月二十九日に東京都教育庁で正式に東京都連盟結成…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(3) 二、ボーイスカウト第1回全国大会(東京・日比谷)

二、ボーイスカウト第一回全国大会(東京・日比谷)  昭和二十四年(一九四九年)、「ボーイスカウト第一回全国大会」を開くことになり、開催場所として当時はまだ日本人が近寄ってのぞき見することさえ許されなかった日比谷公園(ドゥリトル・フィルド)を考えた。  占領軍は日比谷公園に金網を張り巡らして「ドゥリトル・フィルド」と名前を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト(2) 一、神鏡(八咫鏡)を徽章に、日の丸行進、比島ジャンボリー

一、神鏡(八咫鏡)を徽章に、日の丸行進、比島ジャンボリー  戦後、村山有はボーイスカウト運動の再建を企画し、連合軍総司令部(GHQ)と交渉したところ、占領下の最初の青少年運動として許可された。 ボーイスカウトの許可がGHQからおりたので、昭和二十二年(一九四七年)五月十七日、明治神宮外苑広場で連盟復帰の記念ラリー・営火の催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山有とボーイスカウト

 村山有(たもつ)はアメリカのシアトルで明治三十八年(一九〇五年)十二月二十四日生まれ、その後、サンフランシスコでボーイスカウトに出会い、そこで米国のスカウト教育を受け指導者をしていた。  昭和十年(一九三五年)に米国は竹下勇海軍大将を団長とした在郷軍人訪米団を招待した。その時一行を迎えたのが米国国籍の村山有であった。  昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村山有先生生誕100周年

 昨年(2005年12月24日)は、我らがローバー隊長である村山先生の生誕100周年でした。それを記念して村山至さんが記念式典をプレスセンタで開催した事はこのブログでご紹介しましたが、その際に頂戴した冊子「村山有とボーイスカウト」には戦後ボーイスカウト運動に関連する興味深い内容が記載されており、お許しを得てご紹介させて頂く事にしました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士スカウトクラブ

【この記事は2006年10月15日に作成されていますが、日本富士スカウトクラブのサイトが更新を開始しましたのでそのご案内を追記致します。urlは、 http://fuji-scouts-club.sblo.jp/ です。どうぞお訪ね下さい】  先日、村山至さんや幸田雅夫さんとお会いする機会がありました。別件の打合せでしたが、お二人…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more