村山有とボーイスカウト(10) 九、仏教章、日本富士スカウトクラブ・FSCJ ( FUJI SCO

九、仏教章、日本富士スカウトクラブ・FSCJ ( FUJI SCOUTS CLUB of JAPAN )

画像


 外国のジャンボリーなどのスカウト行事には必ず野外礼拝があり、各宗教の記章がある。昭和三十五年(一九六〇年)五月、松山市で開催されたボーイスカウト全国会議で、村山有は「ちかい」の中に、「神(仏)と国とに誠を尽くす」とあるので、スカウト宗教章をと提議し、日本で最初の宗教章として「仏教章」が設定された。 

 米国連盟よりオーダー・オブ・アロー章を授与され、日本でもオーダー・オブ・アロー章(OA章)の日本版を検討していた。米国のインディアンの儀式が日本のアイヌの儀式と似ている事に気付き、セレモニーや歌などの部分を長年研究し東京七〇隊の行事で使用していた。また、早稲田ローバースやゴールデン・アロー等にもアイヌについての研究テーマを与えていた。また同時に米国イーグルスカウト会(NESA)の日本版を作る準備もしていた。

 昭和四十三年(一九六八年)、富士スカウトの永久記章を作るため米国のNESAとも交流し、内田二郎、尾崎忠次、嘉悦一郎、臼井茂安、などの各氏と検討していたが、志半ばで亡くなった。翌年の昭和四十四年(一九六九年)白橋龍夫氏が遺志をつぎ、日本富士スカウトクラブ( FUJI SCOUTS CLUB of JAPAN ~ FSCJ )事務局を東京八丁堀の(株)白橋印刷内に置いた。富士章取得者に正しいスカウト運動の歴史を教えるために日本オールドスカウトクラブの会合に奉仕させ、諸先輩方の話を聞かせることをひとつの目的とした。後に、東京都中央区の青少年団体として登録し、会員証番号は富士の進級証明書の番号を使用している。クラブ章は村山有のスケッチを採用した。 発足当時の役員は名誉会長に白橋龍夫氏、名誉顧問に尾崎忠次氏、客員に内田二郎氏、臼井茂安氏、島中俊雄氏、R・ウィドマン氏など。その後の会長は尾崎氏、島中氏が推戴される。現在の会長は昭和二十八年(一九五三年)米国ジャンボリー派遣隊隊長の大石和夫氏、世話人代表は早稲田ローバースOBの幸田雅夫氏。 現在の会員資格は、旧規定の富士スカウト章取得者を原則として、情報交換や相互啓発をしたり、日本オールドスカウトクラブの東京での会合やジャンボリー視察などに奉仕活動をしてきている。

 スローガンは Ever Onward = 最残を尽くせ! 限りなき前進! で、「目標、理想の峰を目指し自己研鑽<Self Scouting>する」として各自が啓発をしている。会合は日本記者クラブなどで不定期に集まり相互啓発をしている。また、スローガンの通り富士スカウトの自覚を持ち、個人のプロジェクトでの社会への奉仕を期待している。

 クラブ章は村山有のスケッチを採用した。また、また、会報「スカウト・ブロス」平成元年(一九八九年)二月一日号では、昭和六十三年(一九八八年)一月九日の昭和天皇崩御についての特集を掲載。昭和三年(一九二八年)十一月十日「天皇陛下御即位の大礼」や、昭和二十四年(一九四九年)戦後初の全日本ボーイスカウト大会でのお写真などをどこよりも早く掲載した。同号では、客員の内田二郎氏の訃報も同時掲載となった。内田氏は明治三十年(一八九七年)生まれで、弥栄少年団隊長、昭和二十八年(一九五三年)箱船児童館設立、昭和四十八年(一九七三年)勲五等瑞宝章を授章、昭和六十三年(一九八八年)十二月二日に亡くなられた。


"村山有とボーイスカウト(10) 九、仏教章、日本富士スカウトクラブ・FSCJ ( FUJI SCO" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント