スカウトソング「富士特別訓練」

 とある方から頂いた資料の中に、「富士特別訓練」の楽譜と歌詞があった。ご存知、中村知さんの作詞作曲。私がスカウト時代には「年長隊富士野営の歌」だった。今の曲名は何に変わったのかを見ようと歌集を捜したが、私の最新の歌集は昭和53年版でわからない。昭和35年版には、この曲は掲載されていない。

 私がスカウトになったのは昭和30年代後半。当時の講習会は(確か)二泊三日で、講習会を出たばかりの町役場職員、その後は中学校の教員が隊長。お二人とも、覚えたてのスカウトソングを懸命に教えて下さった。上京してローバーに入隊後、皆と声を揃えて歌うと、ビミョーに音程の異なることが度々あったが、無理は言えぬ。今では楽しい想い出。指導のスカウト・スピリット、今でもほとんど変わっていない。
画像


 富士特別訓練、スカウト時代はとてもハードルが高いものであったが、富士特別訓練など、その存在を知ったのはローバーになってから。海外派遣など、津軽の海を渡る段階で海外旅行だから、私は現在も海外派遣継続中ということになる(笑)。

 頂戴した資料の中に、手書きの「名誉スカウト訓練参加章」。別名、名誉スカウト章。最初は1951年とあるから、昭和26年。主に海外派遣団参加を意識しての訓練会の意味もあったとお聞きした事がある。因みに麻生太郎財務相の弟さんである次郎さんも、この特別訓練参加者。先に永久富士章が復活したが、一人でも多くのスカウトに取得してほしいものと。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

永遠のスカウト
2019年06月19日 14:47
小さい頃にボーイスカウトに入り、その後シニアスカウト、ローバースに入るために立教に進学しました。
山中野営場が閉鎖されたことを知りましたが、跡地でも見ようと先日山中湖を訪れました。自然に戻ったカラマツ林がありました。シニアの時代に富士特別訓練にも参加したので、その歌が自然に口から出てきました。一番と二番しか記憶になく、三番四番があったとは初めて知りました。
実習所も修了しました。勤務の都合でリーダーになることはできませんでしたが、スカウトのスピリットは死ぬまで忘れないようにしたいと思っています。

この記事へのトラックバック