第一回フィリピンジャンボリーの参加章と初日カバー

 フィリピンジャンボリーに付いては前述の通りですが、村山
さんは切手の熱心なコレクタで、ウィキペディアには「切手収
集家としても知られ、切手愛好家団体「東京切手会」を創立
し初代会長を務めた。また、日本スカウト切手協会(NSOSS)
会長、世界スカウト切手協会(SOSSI)副協会長として、「全日
本ボーイスカウト大会」記念切手(1949)、「ボーイスカウト創始
50周年」記念シール(1957)の発行に寄与した。」と紹介され
ています。

 私の子が小さい頃、この趣味は親が手ほどきをと思いこみ
デパートの切手売り場でボーイスカウト切手を買い求めまし
たが、「ああ、ボーイスカウト切手なら村山さんね」と言われて
驚いた記憶があります。

 この写真は、村山先生がお作りになったパネルの写真で
す。学生時代にご自宅へ度々お邪魔しましたが、毛布に貼
られた様々なパッチに驚きました。

 そのコレクションのほんの一つをご紹介します。フィリピン
ジャンボリーの参加章や初日カバーの写真です。そのうち、
日連ミュージアムに展示されるかもしれませんので、実物
はそちらで
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック