ボーイスカウトの、東北地方太平洋沖地震ボランティア活動

ボーイスカウトの災害ボラ活動でアクティブな活動を展開する仲間たちが、動き出しています。

 すでに「スカウティング防災ネットワーク」では、具体的な相談が。詳しくは以下のurlから。

 http://www.geocities.jp/scoutingdpn/

 すでに神奈川連盟災害支援委の鈴木さんや稲葉さん、新潟牧島さんや近藤さんなど、動きを開始しました。早稲田ローバースの諸君たちは、他大学のローバーへ呼びかけての現地入りを準備しています。まだ災害は継続中ですが、来週中にも出発となりそうな気配。経験豊富な鈴木さんはともかく、学生諸君は先発の誘導を待つ事になろうかと。

 当たり前ですが、現地入りばかりが活動ではありません。地元での募金活動なども、大切な活動です。誰から現地でその顔を見せる事、そして地元で救援活動を展開する事。両方が揃って初めてスカウトとしての活動になるとは思いませんか。一つの町が壊滅したとの報道もある今回の大震災で、危険である事は言うまでもありません。どうぞ気をつけていってらっしゃい。私は取りあえず、募金活動を地区内各団にお薦めしようかと準備しています。

 いま検索して気付きましたが、昨日、日本連盟でも「東北地方太平洋沖地震に関連する情報」を各連盟へ送付しました。詳しくは以下のurlからどうぞ。その速さに、"感動"しています。学習機能のスイッチ、ONになっていました。

http://www.scout.or.jp/newtopics/110311earthquake.html





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

坂本 正志
2011年03月13日 00:59
この記事を書いて5分ほど、内容を修正してからカウンタを見れば、あっという間に12人の方が読んで下さいました。
 私たちは「いつも他の人々を助けます」と言います。どのような内容であれ、出来る範囲で出来る事をする。今回の震災も、その姿勢を保ち続ける多くの仲間がいます。それを知りました。「今度は神奈川か」と、緊急地震速報の着信音におびえながらの書き込みでしたが、この深夜に私たちの活動を検索する多くの仲間の存在がそれを忘れさせます。

この記事へのトラックバック