学童保育施設本郷台「かぜの子」

 横浜市栄区にある学童保育施設「本郷台かぜの子」で、補助指導員として時々お手伝いをしています。「本郷台かぜの子」は小規模で、20数名の小学校低学年の児童。

 知り合いのお母さんがそこの運営責任者をしていますので、お手伝いに馳せ参じました。例により、ボーイスカウト関係の補助指導員が5名中3名。ま、運営責任者は私の団の育成会長ですから、無理もないか。近くに栄区図書館や警察署がりますから、周囲はとても賑やか。しかし、この「かぜの子」の環境はとても素晴らしい。住宅街の真ん中にある小山を占領、自然だらけ。山の上にあるためもありますが、周囲からは中がまったく見えません。それを良い事に(!?)、子ども達は班にわかれて大好きな秘密基地を作り、シャベルで穴を掘り、近くの工務店から材木を頂いて工作し、自由気ままにはしゃぎまわっています。栄区の各小学校には「はまっ子ふれあいスクール」や「キッズクラブ」などの学童保育がありますが、そこの環境は当然にも学校の施設を利用します。私も仕事の関係で度々そこにおじゃましていますが、この「本郷台かぜの子」の環境はまったく異なります。少し開拓すれば、隊キャンプが出来てしまう。裸火も、近くの栄消防署へテクテク歩いて届を出せばOK。

 驚いたのはアライグマ。カブト虫が大量発生するのは聞いていましたし、台湾リスも鳴き声がうるさいほど。しかし、これがうろついてるとは。今日はお手伝いの日ですから「かぜの子」へ行き、子ども達の基地作りを手伝っていましたら「あ、アライグマだ」の声。指差す方向を見ますと、子ども達の歓声にも動じずにこちらを眺めるアライグマが。身体は灰色で、タヌキといった風情。写真をとりましたが、携帯写真で小さくしか。とくとご覧あれ。
画像


 「お、ラスカルだ」だの「デービークロケッツみたく、帽子にしよう」と叫んでも、子ども達は「ん?」。そっか、大昔のアニメか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック