2009年 江ノ電ラリー

鎌倉市内のボーイスカウトやガールスカウト団で構成する鎌倉市青少年協会は、今年も恒例の江ノ電ラリーを企画・実施しました。今年で3回目となるラリーですが、鎌倉市の海沿いをトコトコ走る江ノ電の鎌倉駅~江ノ島駅間の各駅にスカウト達を中心としたメンバでポイントを作り、参加者はそこを巡ってクイズに答えてスタンプをもらう形式です。

 今回は高校生世代のスカウトを中心に企画を考え、期末試験中でしたが頑張ってもらいました。実行委員会委員長や副委員長は、全員高校1年生。ドラえもんやガチャピン、エルモ、スティッチなどの着ぐるみを着用し、各駅で子ども達とジャンケンして負けたら手づくりのロープのストラップをプレゼントするなんていうアイデアまで出して張り切ってくれました。
画像


 今年の参加申込みは、いつものように市内全小学校へチラシを配布。応募は前年30%増しの250名(含付添い保護者)。各駅で着ぐるみグループが参加者とジャンケン、勝者にはストラップのプレゼントをしましたが、その数およそ250個!支援の指導者が手づくりした数は最大90個、期末試験中の実行委が作った数は最大60!よくぞ作ってくれました。
画像


 参加者は開会式前から会場の稲村ガ崎公園へ集まり始め、受付には長蛇の列。それが済むと、各グループのリーダである着ぐるみリーダのところへ集合し、グループごとにプリクラ用写真の撮影。そしていよういよ開会式です。挨拶やラリーの説明後、グループ毎に江ノ電稲村ガ崎駅へ。街中を着ぐるみで歩くのは結構勇気が必要な行動ですが、混雑することで有名な鎌倉海沿いを134号線から無事駅に到着して江ノ電に乗車。

 各駅にはスカウトと指導者たちがこんなスタイルで参加者を待ち構え、江ノ電に関するクイズを出題します。昨年は寒風吹きすさぶ中での活動でしたが、今年は好天に恵まれて一安心。スカウト達も楽しそうです。

画像


画像



 写真のように参加者を待ち構え、クイズやナゾナゾを出題。楽しそうでしょ。
画像



 今年はインタナショナル ボーイスカウトのカブ隊の皆さんも参加、地元のカブ隊と混成グループを作ってラリーを楽しみました。英文で名刺を作り、カブ達も何とか自己紹介が出来たと思います。多分、ですけど。
画像


 海岸ではタングラムのポイントもあり、大人気。それを楽しむあまり、全ポイントを廻りきれぬというグループも多かったようです。「何が悲しくてそんなゲームを野外でするの?」と突っ込んだ私ですが、とても反省しています。私の隊(ベンチャー隊)に所属する実行委員長が「あれは面白い」と反論、"押し切られた"のです。う~む……。

 午後1時30分、ラリーを楽しんだ参加者が稲村ガ崎公園へ戻ってきました。今度は宝探しの開始です。実は「宝」探しではなく、ビー玉さがし。砂に埋もれたビー玉を個人単位で見つけて、その数を競います。高学年の子が勝つかと思いましたが、案外と年少者が。賞品はこれもまた手づくりのロープワークのパネル。4人の優秀者がいましたが、その内の一人です。

画像


 午後2時15分、閉会式。楽しい一日でした。事故もなく、私たちも一安心です。次回開催へ向けて幾つかの課題もありましたが、鎌倉地区のスカウトがとても頑張った江ノ電ラリーでした。ありがとうございました。また、ご協力を頂いた江ノ島電鉄株式会社にも、厚くお礼を。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック