国際第1団創立90周年

 9月21日、横浜・山手の(社)横浜カントリー&アスレチッククラブで国際第1団の創立記念式典があり、カブやローバー、ベンチャーとともにお祝いに。当日は朝からあやしい空模様でしたが、到着直後から激しい雨。ブラッカ総長が白状なさいましたが、「雨男」とか。しかし、雨の合間、世界各国の模擬店や太鼓などの演技を楽しみ、束の間の異国情緒を満喫しました。カブ達には「英語で自己紹介が出来るよう、お家の人に教えてもらってね」と言ってありましたが、お忙しい中、ブラッカさんやブラッカ夫人が彼らの自己紹介のお相手をして下さいました。中にはメモを持参したカブもいましたが、きちんと伝わったかは……。しかし、ボーイスカウトが日本だけではなく、世界中に仲間のいる事は知って貰えたかと。


画像

 国際第1団90周年のポスター。わが国で最初の隊であるグリフィン隊が国際第1団へとかわり、今日まで継続しています。
画像

 雨の合間を縫って行われた、太鼓などの演技。
 設営中のシニアスカウトたち。ブラッカ総長のお子さんもいて、彼は詩吟の全国大会で優勝とか。
画像

 確か30年ほどにもわたって札幌第26団リーダとして活躍なさった益浦仁弥さん。お年は90歳とか。マリア会修道士で、現在は東京・九段のシャミナード修道院にいらっしゃいます。
画像

 最近の我が団では、アマチュア無線が流行りだしています。夏に横須賀で講習会を終え、見事合格したベンチャー隊宇都宮スカウトは、この日、初めて交信することが出来ました。当日、単身赴任中の新潟・加茂第1団の荒井さんがいらっしゃって、その様子をサイトへ上げてくださいました。ちなみに私は、「蕎麦屋の出前」状態(あ、いま出ましたと言いながら、実はまだ)ですが、ブラッカさんは1アマ(と言うのでしょうか最上位の資格)をお持ちです)。

 http://media.ham.jp/index.php

画像

 そして、いよいよカブ達の自己紹介。取り敢えずはmy name isとやっていましたが、彼らにとっては初めての、青い目をした方々との会話です。この経験が、よい刺激になってくれればと期待しています。

 午後2時過ぎ、雨の会場をあとにしました。模擬店は雨のために早々と店じまい。とても残念。私は空腹に耐えかねてホットドッグを買いましたが、小さな可愛い売り子が時々お手伝いをしている放課後キッズクラブの利用者。雨の中、懸命に売り上げを上げるために頑張っていました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック