鎌倉市青少協主催「キャンプ名人」

'08年5月31日、市内二階堂の鎌倉市青少年会館で「キャンプ名人になろう」のイベントが開催されました。主催は鎌倉市青少年協会。これは鎌倉市青少年課の支援を得て、市内のボーイスカウトやガールスカウト団で構成する協会です。

 プログラムは、市内全小学校へチラシを配布して募集した4年生以上42名を4つの班にわけ、テント貼り、火を起こして飯盒で炊飯、カレーライスを食べてからゲームを楽しむという内容。昨年も開催したのですが、生憎の雨。そして今年も雨。残念ながら、テントを張るプログラムは中止しました。

 最初は開会式。9時30分からの受付開始でしたが、9時過ぎにはほとんどの参加者が集まっていました。楽しみにしてくれたのですね。力が入ります。受付を終えて、班ごとに異なる色のバンダナを首に巻いて整列。
画像


 開会式では班長が紹介されました。ベンチャースカウト3名と、小学6年生のボーイスカウトです。
画像


 開会式後、各班に分かれて全員が自己紹介。そしてこれからのプログラムでの役割分担を相談します。
画像


 炊事場で、薪割りから作業開始。太い薪を割り、着火用の細い薪を作ります。オノやナタを使いますので注意しなければいけません。説明を受け、全員が薪割り。
画像


 薪が湿ってなかなか火がつかなかったのですが、全班とも無事燃え出しました。飯盒をのせ、炊飯開始。班員は10名ほどで、各班に3個の飯盒とお米が配られました。お米をとぐのも仕事。さすが「お米を洗う洗剤は?」と言い出す子はいませんでした。
画像


 予定通り、12時からの昼食。事前の相談では、「ご飯の炊き上がった班から食事にしよう。遅れた班を待たない」としていたのですが、あっさりと各班ともにクリア。飯盒のご飯は美味しく、自分たちで炊いたものですから、残す子はいませんでした。
画像


 雨天のために幾つかの変更が出ましたが、午後のプログラムはゲーム中心。会場には子ども達の歓声が響き渡りました。炊飯準備で、手を切ったり火傷をしたりの事故もありませんでしたし、一段落です。

画像


 この後、閉会式で解散。子ども達はニコニコ笑顔で帰途につきました。みな「楽しかったよ」と言ってくれて、これが何よりの成果。次回こそ、好天に恵まれてテントを張りたい。昨年は1張のテントをたてましたが、子ども達は中に入ったきり、なかなか出てきませんでした。とても興味を持ってくれたようですから、次回は何とかしたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック