雪・雪・雪・雪、そして雪…

 先ほど、十日町から戻りました。

 2月14日夜に出て、翌15日早朝に六日町国際ユースホステル。そこから十日町第1団の皆さんが待ち構える十日町雪祭り会場へ。鎌倉第8団からはカブの橋口組長と後藤次長、そして橋口隊長と私です。同じバスで来た横浜第30団林VSLら2名は先発ですでに到着し、田村VSLを含めた10名程で作業を開始しました。

 昨年と異なり、とにかく雪だらけ。もう勘弁して!と叫びたくなるほどの雪。上をカーニバル会場へ通じる道路の下にある杉林で早速作業を開始しましたが、そのまま入ると大人の腰ほどまで埋まってしまう場所。カンジキ組が雪を踏み固め、その後に続きます。昨年はまず雪球を作り、それを積んでスノーランタンを作りましたが、ことしの雪はサラサラとしてうまく作れません。力を入れて何とか作れても、積み重ねる段階ですぐ崩れます。作業は遅々として進みません。とにかく苦難の連続でした。

 その様子を写真でご紹介します。寝不足で、何時にも増してアタマがぼやっとしています。奮闘輝は改めて。

画像


画像


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

十日町市民のおばちゃん。
2008年02月18日 02:58
鎌倉と横浜のボーイスカウトのみなさん、
お疲れ様でした。風邪などひいていませんか?
今年は雪祭り直前急に大雪になり、当日も珍しく本降りで本当に大変だったと思います。
(やはり地震の後は年明けてから大雪なのでしょうか?)
とても感謝しています。
本当にありがとうございました。
坂本正志
2008年02月19日 22:04
"十日町市民のおばちゃん"さん、コメントありがとうございます。

 私たちの十日町行きも、今年で三度目となりました。雪が多かったり少なかったりで、作る側にはそれなりの苦労もありますが、十日町小学校のイベント会場へと向かう皆さんにはとても好評のようです。よく見渡せる場所には"渋滞"が起きて、それがとても恐縮なのですが。

 来年も十日町へまいります。今年は雪の湿り気が少なくて雪球が作りづらく、予定の半分も作れませんでした。来年は、あの林をランタンで一杯にしようと思っています。どうぞあの眺めをお楽しみ下さい。
十日町市民のおばちゃん。
2008年02月24日 01:17
本当に今年はさらさらの雪で長靴がすべり、
山に登るのが大変でした。
スノーランタンの灯りは本当にやわらかくて
素敵ですよね。
毎年ありがとうございます。
来年も楽しみにしています。

この記事へのトラックバック