新潟中越沖地震 -柏崎市立比角(ひすみ)小避難所3-

比角小避難所で頑張る、横浜第96団鈴木RS隊長からのレポートです

週末が近づき、参加スタッフの数が増えてきました。早朝より大和6団の稲葉さん以下ベンチャースカウトなど関係者5名が朝食の配膳を中心に奉仕して頂きました。

スカウト奉仕隊の大切な任務として、飲料水や氷、土のう袋などの発注作業がありますが、本日はこれを大和6団のベンチャースカウトに委託しました。こうした情報は避難所内の対策本部を通じて市の対策本部に伝えられ、自衛隊の輸送班が四輪駆動車で届けてくれます。

今朝からは富山連盟の麻畑事務局長以下、富山6団のベンチャースカトなど5名が大車輪で活躍しています。情報によれば台風が接近しているとのことで、本日夕食から5日の朝食まで自衛隊の炊飯が中止となりました。また、自衛隊風呂の撤収も行われています。飲料水の在庫も2リットル入りのみとのこととなりました。

避難所内では「ピースボート」の活躍が目立っています。彼らは、猛暑や悪天候のなか、10名程のスタッフで朝晩の食事を作っています。また、午後には「かき氷」なども提供し子供達に喜ばれています。奉仕隊としては、台風の接近を前にテントの補強などお手伝いさせて頂きました。今日の昼食は「冷やし中華」とのこと、炊事のお手伝いを申し入れてはありますが、彼らの活躍には頭が下がります。

本日で新潟県連金沢理事長と佐藤理事がお帰りになりますが、大変お世話になり感謝申し上げたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック