野口聡一宇宙飛行士

14NJの宇宙館に、こんなパネルがありました。

 そのむかし、「月の輪組」というのがありました。カブからボーイに進むクマのカブが、この組(班)でボーイスカウトになるためのトレーニングを受けたのです。五角形のバッジをつけました。
よく見ますと、野口さんのSTS-114のミッションのパッチと酷似しています。それもそのはず、ミッションのパッチデザインは野口さん。月の輪の組章を模したのだとか。

  さ、とくとご覧下さい。写真が暗かったので修正しましたが、野口さんのオツムが悲しい具合になってしまいました。他意はありません。野口さん、ごめんなさい

画像


画像

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック