第14回日本ジャンボリー -インタネットへの接続環境-

 出発を来週火曜日に控え、買い物競争。EIZOさんから拝借の26インチディスプレイ5台へ、PC画像や音声を送るための仕掛けも、何とかそろえました。1本は安価でも、数があると高額になるケーブル類は、秋葉原のジャンク屋。昨夜はそれを接続し、テスト。

 インタネットへの接続環境は、取り敢えず整いました。実際には現地でのテストが完了してからとなりますが、多分、問題はないと思われます。あくまでもウワサですが、会場ほぼ全域からのインタネット接続が可能となるような事を聞いています。これもまた、最終的には現地での確認になりますけれども。バッファローさんが、夜を徹して番場って下さっています。ありがとうございます。

 1Mのスピードが出るかですが、大会国際部、IT館などでADSLでネットへ接続します。空から飛行船に積んだアクセスポイントによって回線が降ってくるイメージですが、実際には会場内に設置される複数本のアンテナが主役。ですから皇太子殿下がお見えになるときや、荒天のときには降ろされる飛行船の存在は必須ではありません。無知でそれを知らぬばかりに、「降ろされたら接続できないのか」と早トチリしたのが恥ずかしい。

 基本的にはこの回線を、必要に応じて開放する予定です。日中は各企画のために使用しますが、夕方から早朝までは(恐らく)ほぼ自由に使用できることになる筈です。バッファローさんから無線LANのカードを拝借しました。出来れば無線LAN機能を持つPC持参が助かりますが、順番待ちがあるかも知れませんがカードをお貸しします。優先順位は、①県連 ②地区(派遣隊) ③個人 となるでしょうか。あくまでも、お留守番の皆さんへの広報が優先されます。

 ギリギリになってしまいましたが、インタネットへの接続環境が整った事をお知らせいたします。また、IT館機材の使用も、古いノートが中心ですが時間外は可能です(申込み制)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック