テーマパビリオン-第14回日本ジャンボリー-

 今日4月19日午後、オリンピック記念青少年総合センタにおいて「14NJ選択プログラム説明会」が開催されました。参加者は、選択プログラムにおいてテーマパビリオン<草原の風>に未来・体験・共生と区分された各コーナーを担当する、主として外部(ボーイスカウト関係者以外)の団体ん。CORN、公園緑地管理財団、NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター、日本野鳥の会、日本キャンプ協会、日本レクリエーション協会、もったいない運動、日本ネイチャーゲーム協会、その他の団体の皆さんです。

 14NJ選択プログラムの基本コンセプトは
 スローライフ ~共生~ 自然と共存する生活
 持続可能な開発のための教育(ESD:Education for Sustainable Development)
 であり、「人と人の関わり」、「知恵と技術」、「くらしを豊かに」の観点から各企画を展開して欲しいとのお話がありました。具体的には8月4日から7日の4日間、6回にわたって全参加スカウトを受け入れます。1回平均、2千名超になるのでしょうか。ブースは2×3間のテント。参加は30数団体で、100m×100mのスペースに集まります。

 それはともかく、わがIT館は電話回線と電力の供給が必須。電気に付いては問題はなく、無線LANのモデムも確保。2km程度であれば受信可能です。これらインフラさえ確保できれば、あとは何とかなる。食事は食堂で出来ますし、寝場所はこのテントの中。食住は確保できました。

 さて、テーマに沿った企画内容を整理しなければなりません。海外のスカウトとの"TV会議"が中心となりますので、相手国を確保せねばないません。開会式などのライブ中継も提案していますし、器材の準備も急がなくては。月内には概要を確定します。

この記事へのコメント

2006年04月20日 09:23
多分、CORNじゃなくて、CONEだと思います。自然体験活動推進協議会ですよね。
坂本正志
2006年04月21日 02:34
仰る通り。間違えた

この記事へのトラックバック

  • 第1回世界ジャンボリー

    Excerpt: アメリカのサイトで発見した1枚の写真があります。第1回世界ジャンボリーには、日本代表として2人のスカウトが参加しています。一人は東京・小柴 博 氏 もう一人は北海道・下田豊松 氏です。アメリカ.. Weblog: 第14回日本ジャンボリー 神奈川連盟奉仕隊第2隊 racked: 2006-04-27 19:25