「14NJの企画に付いて考える」

14NJの企画に付いて考える」について
 14NJ会場内に、テーマパークとでもいうようなスペースが設けられます。多分、「わくわく夢ランド」とでも名づけられるのでしょうか。正式にその内容が固まった時点でアナウンスされるものと思われますが、ローカルな形でご連絡を頂いて準備に入りましたので、その全体の形は承知していません。そのため、IT館以外のすべてに付いては敢えてあやふやな表現としています。予めご承知おき下さい。

 さて、このテーマパークには様々なテーマを掲げた20数箇所のブースが"出店"するようですが、その中で「IT館(仮称)」として"店開き"すべく準備を進めています。全体のテーマは「あいの風は未来へ」。それをうけて、「あたらしきを知る。新しい技術、考え方、取り組みが、何のためにどこに向かっているのかを知り、自分の将来へ重ねる」となります。「人と人との共生」と言う事を、IT技術を利用したコミュニケーション、相互理解とでも言った側面から展開したいなと考えています。

 

この記事へのコメント

黒澤岳博
2005年12月02日 11:01
マーキーテント一つくらい確保できると言うところなのでしょうか?
坂本正志
2005年12月02日 15:28
日連担当者との打合せでは、取り敢えず2間×4間のマーキーが確保できています。お手伝いとしては、ローバースカウト数名とベンチャースカウト数名。椅子や机はまだ相談していませんが、必要に応じて貸与されるのではないかと思います。

通信回線、PC、超大型ディスプレイ、その他必要な資材はこちらで準備します。借り物競争を開始しました。
坂本正志
2005年12月02日 15:34
期間中このテーマパークでは、特定の日に半日で4千名近いスカウトを受け入れることになります。2間4間のブース20数ヶ所ではパンクしますね。そのため、相当に広い広場がブース前にあり、そこを活用することも考えています。

この記事へのトラックバック

  • さてお立会い!

    Excerpt: 「「14NJの企画に付いて考える」」について 「IT技術を利用したコミュニケーション、相互理解とでも言った側面」ってのを、果たしてどのような形で具体化させるのでしょうか。論証しろ!と迫られると口ごもっ.. Weblog: be-prepared そなえよつねに! racked: 2005-12-02 01:40